【同族企業の2代目、3代目後継者向け】 「未来」「人・組織」「お金」の課題解決パートナー

人・組織のこと

成長支援型給与・評価ルール構築支援

会社が発展していくためには”人”の成長が欠かせません。

しかし、多くの中小企業では「どのような成長の段階があるのか」「成長するにはどのようなことが求められるのか」「成長していけば給料はどう変わるのか」について、明確なルールがあるケースは少ないといえます。

以下のような手順で、“人”の成長に重きを置いた制度構築をしていきます。

社員の成長ステップの構築

「人が思ったように育たない」と嘆く経営者が多くいますが、そもそも、どのように成長していって欲しいかというステップを明確にしている会社は案外少ないと考えられます。

そこで、会社が求める社員の成長の道筋を見える化します。将来の組織のあるべき姿や、社員が担う役割などを踏まえながら適切な成長ステップを設計していきます。

<期待効果>
社内の成長のステップが明確になり、組織として発展していくためのベクトルを合わせられる。
各成長ステップに合わせた、給与水準や研修体系などを明確にできる。

給与決定ルールの構築

昇給や賞与などによって、一時的にモチベーションは向上すると考えられますが、それが長期間持続するものでないといわれます。その意味で給与決定で重要なことは、支給額の納得感を持たせることで、不満につなげないことです。

納得感を高めるために、会社での役割や責任に応じた昇給や賞与支給ルールを設計していきます。

<期待効果>
社員が担う役割や責任に応じて給与が決まるので、納得性や公正性が高まる。
 昇給や賞与の金額について根拠を持つことができ、支給額決定時の迷いが減る。

評価決定ルールの構築

モチベーションを上げて仕事をするためには、承認や達成などが必要であるといわれています。そのような要因に働きかけるのが評価制度であると考えています。

社内の成長ステップを明確にした上で評価ルールを構築していくことで、評価を通じた人材育成を目指します。

評価方法には、プロセス評価、目標管理、業績評価など複数の手法がありますが、最適な制度をカスタマイズしていきます。

<期待効果>
どのような取り組みが必要で、それが成長や給与とどう連動するか明確になりモチベーションが向上する。
上司・部下のコミュニケーションが促進され、組織が活性化する。

給与・評価決定の運用支援

給与・評価決定ルールを構築した後は、継続的にルールに基づいた運用していくことが重要です。そうしないと、せっかく構築した制度を社員の成長や組織の発展に活かすことができません。

そこで、評価決定の基本ルールを学ぶ研修や、部下の評価を決定する際のサポートをします。

<期待効果>
どのような取り組みが必要で、それが成長や給与とどう連動するか明確になりモチベーションが向上する。
上司・部下のコミュニケーションが促進され、組織が活性化する。